1000円札 野口さん

「アベノミクスのこの道」によるインフレが、資産形成する上での影響

前回に続き、アベノミクスについてお話ししていこうかと思います。

前回は、アベノミクスの「この道」が景気回復に向けた経済政策であることをお伝えしました。

 

そして、その第1の矢である「大胆な金融政策」がデフレマインドを一層させるために、

政府と日本銀行が協力してお金をたくさん印刷して世の中(市場)に回すことでしたね。

関連記事

これから資産形成する為に、投資を始めようとするあなたへ。投資と国の経済状況は、密接な関係であります。その為、経済の知識を持っておくことが投資を失敗しない為に重要です。 日本では、2013年か[…]

アベノミクス この道

 

私は、アベノミクスが良い経済政策なのかどうなのかこの時点では、まだよくわかりません!

ただ、やはり資産形成や資産運用をしていく為に必要な情報であることは確かです!

 

そして、本日は私のお財布の中にある野口さんが出演します。

角が折れているのは気になさらず。

 

本記事では、

・ 大胆な金融政策が、私たちの資産形成にどのような影響を与えるのか。

・ デフレからインフレへ誘導し、物価が上がり、お金の価値が下がる。

・ 物価を毎年2%の上昇をさせるために、お金を印刷する。

・ 殖やす場所を間違えると、どんどん持っているお金の価値は落ちる=目減りする

これらについて解説していきます。

 

資産形成を初めて学ぶ方は、こちらをどうぞ

関連記事

こんにちは。すまいる らいふ岩澤です。本記事では、これから資産形成や資産運用を考えているあなたに、まず、こんな現状なんだということを知ってもらいたいと思い記事をまとめました。 具体的には、資産形成を[…]

初めて資産形成を学びたいあなたにおすすめ記事

 

アベノミクス「この道」で、資産形成の選択を間違えると資産が減ってしまう

 

早速ですが問題です。(右にあるをクリックすると答えがでます)

銀行預金、個人年金保険、学資保険、タンス預金、貯金箱。
アベノミクスの影響でお金が殖えていかないのは、あなたはどれだと思いますか?
実は、答えは全部です!

どれを選んでいただいても正解で、お金が増えません。

 

 

「銀行や保険であれば、利息がついて僅かだけど増えているのでないか?」と疑問に思うと思われます。

確かに通帳記入で増えていますし、個人年金保険や学資保険だと、○○年後にいくらと殖えています。

 

ですが、それでも資産は、確実に減っていって損をしています。

それは、銀行の金利や保険の利回り(預けていると年間に殖えていくお金)が、物価の上昇より下回っているからです。

 

金利と物価を比べて見る

上の図のように、預けるところ(銀行預金や保険)を間違えると、物価の上昇に勝てず、

お金は貯まっているかもしれないですが、貯まるお金より、物が高くなっているので、

資産が減っているのがわかりますか?

 

10,000円をタンス預金(金利0%)していたら、翌年も10,000円ですが、

10,000の商品は、10,200円(2%物価上昇)になり、タンス預金していた10,000円では、買えなくなっています。

 

毎年2%の物価上昇をさせようとしているので、

2%以上の金利(利回り)をつける金融商品で資産形成をしないと資産は殖えていきません。

では、なぜ毎年2%の物価上昇をさせていくのかについて、お伝えしていきます。

物価上昇2%が国の経済成長

 

アベノミクスは、お金を大量に印刷して市場に回す=金融緩和にて、物価上昇を行っています。

これをインフレーションといいます。

インフレ=インフレーションは、お金の価値が下がり、物の値段が上がっていくこと。

デフレ=デフレーションは、お金の価値が上がり、物の値段が下がること。

 

年間にどれくらいのお金を印刷していくのかというと、目標が決まっています。

それは、年間2%の物価上昇率を達成するようにお金を印刷しています。

 

これは、毎年2%の物価上昇を達成し、継続していくということです。

アベノミクスは、毎年2%の物価上昇を目標としている。

 

なぜ、2%の物価上昇が必要なんかというと、景気を良くする為です。

 

日本だけがこの政策を行っているわけではなく、

先進国は、景気を良くするために2%の物価上昇を目指し金融政策を行っています。

 

物価上昇率の2%という数字は、世界経済の過去から現在までの経過を参考に算出された数字であるとされています。

ということは、日本も経済を活性化させる為には、現在から未来にかけて、毎年2%の物価上昇が必要とされています。

 

デフレからインフレによる生活の変化

 

生活の身近な場面での具体例を見ていきましょう。

物価上昇

 

過去から現在にかけて、物価は上昇しています。

タバコや遊園地の料金(ディズニーリゾートなど)、砂糖、塩、納豆、チョコレート、あずきバー、ティッシュ、トイレットペーパーなども値上がりしています。

最近は野菜も高いですね。ガソリンも高騰しています!

 

今までと値段なんて変わってないぞと思ったあなたは、以前と現在の量を比べてみて下さい!

ティッシュであれば値段は一緒でも枚数が減っているかもしれません。

トイレットペーパーであれば幅がちょっと迫っているかもしれません。

 

ちなみに、うまい棒の値段は変わりませんが、長さや太さなどの見た目が少しずつ変化しています。

値段は今までと一緒であるけれど、量が減っているというのは非常に多いです。

 

つまり、

値段は今までと一緒でも、量が減っているのであれば、実質値上げされているということになります。

 

一般的にインフレといえば、こういった物の値段が上がったということにだけ注目してしまいますが、

実は同時に理解しなければならないことがあります。

 

お金の価値が下がる

 

それは、お金の価値は、物の値上がりとは逆に下がっていくということです。

 

理解されている方には、当たり前なこと言うなよ!と思うかもしれません。

しかし、重要な部分なので詳しく説明します!

 

例えば、

今まで自動販売機で飲み物を買うときに1000円で10本買えたとします。

1本あたり、100円ということになると思います。

 

しかし、それが値上がりして、1本あたり150円となったら、

1000円で6本しか買えなくなります。

 

値上がりしたからといって、飲み物に何かがプラスされたわけではありません。

原料や味などは今までと一緒です。

 

飲み物の1本あたりの値段が50円上がり、1000円札1枚で自動販売機の飲み物を買える価値が10本から6本へなり、

お金の価値が下がったこととなります。

 

1000円札 野口さん

 

今までは、野口さん一人で飲み物が10本買えて、10人に飲み物を渡すことができました。

しかし、時代が変わり、今はその1000円札を1枚、野口さん1人だと飲み物が6本しか買えず、

6人にしか渡すことができないのです。

 

物に対して、野口さん(お金)の価値が下がってしまいました。

 

このことから

「アベノミクスのこの道」によるインフレーションが、私たちの生活に影響を与えることとして、

物の値段が上がり、お金の価値が下がることが理解できたかなと思います。

 

1000円札の見た目は、いつまでも変わりません。

しかし、物価上昇していくことから、1000円の価値は時代とともに変動してしまうものなんだということです。

 

物価を意図的に上昇させること

 

では、アベノミクスが始まってから日本はどのようにして物価を上げているのか?

逆に、お金の価値をどのようにして下げているのかを考えていきます。

 

デフレ脱却し、物価を上げていくために日本が何をしているのかというと、

新しいお金を大量に印刷して日本全体の円の量を増やすということをしています。

 

なぜ、新しいお金を大量に作っているのかといえば、経済学の教科書的な答えになりますが

お金の量が増えれば、物価が上がるからとなります。

 

つまり、日本のお金(円)の量が増えていくとなぜか物価が上がって、お金の価値が下がっていくことになります。

次は、これを具体的に説明していこうと思っています。

「あなたはダイヤモンドとその辺に落ちている石ころのどちらが欲しいですか?」

 

下記の記事へ続く・・・

関連記事

アベノミクス「この道」は、大量にお金(円)を印刷してデフレマインドからの脱出させていくこと。しかし、お金を大量に印刷してしまうと物の値段が上がってしまうことでしたね。 なぜ?お金をたくさん印刷してしまうと、[…]

ダイヤモンド ビットコイン

 

資産形成セミナー東京八王子「知って得するお金の基礎講座」を毎月開講しています。ご興味ある方は、ご参加下さい!

1000円札 野口さん
最新情報をチェックしよう!